社会保険労務委託メリット「就業規則について」

武蔵野、三鷹、多摩地区の人事・労務の相談役 うちだ社会保険労務士事務所
吉祥寺、三鷹を中心に東京都内・多摩地区の相談役
うちだ社会保険労務士事務所


〒180-0013
東京都武蔵野市西久保1-4-11 田島ビル2F


お問い合わせ 

社労士委託メリット 就業規則について

  • 就業規則は、従業員に働いてもらうための労働条件を示すと同時に、職場に規律をもたらす「職場の法律」です。
  • 今、多くの企業で未払い残業代の請求、退職時のトラブル、メンタルヘルスの問題などを抱えています。安定した企業活動安定した企業活動のためには、現在の法令に対応し、実態に合った就業規則を作成し、常に見直すことが必要です。
  • 常時10人以上の従業員を使用している事業所は、就業規則等を作成し、労働基準監督署に届出が必要となります。

(規程集)
就業規則(正社員用・パートタイマー用・嘱託社員用)、
賃金規程、退職金規程、育児介護休業規程、個人情報管理規程、営業秘密管理規程、
慶弔見舞金規程、出張旅費規程、マイカー通勤管理規程、安全衛生管理規程 等

(就業規則の役割)

  • 就業規則その他の規程を基にして、経営者も従業員は、それぞれの役割を自覚し、ルールに従って行動することによって秩序ある組織として、事業活動の活性化、円滑な業務遂行や企業業績の向上に役立ちます。
  • 解雇、サービス残業、セクハラ問題等の労務相談が年々増加しており、会社内の問題を放置したままにしておくと、その分リスクが高くなります。リスクを未然に防ぐためにも就業規則をきちっとしたものにしておくことが大事です。
  • 就業規則を作成・見直し、経営者の思い、会社の現状に合ったルールや制度を明確にすることにより、会社への信頼度が増し、従業員の定着率やモラールをアップさせ、また優秀な人材を確保する上でも役立ちます。

このような気がかりなことがありましたら、

まだ従業員が少なく就業規則など作っていない
従業員からの質問があり、答えに困ってしまったが
従業員も増えたが、会社の現状に合ったものになっていない
現行法令に沿った規程に改定したい
起きてしまった労務トラブルの役にたっていない
今後発生しそうなトラブルのリスク回避対応となっていない

就業規則などの規程の診断

現行の法令にマッチしているか、不足している規程はないか
会社の実態に合ったものとなっているか
社長の考えや思いがきちっと記載されているか
実際に起きた事例で対応できなかったことはないか
誰もが分かりやすい規定になっているか

就業規則の周知義務

ただ作っただけでは、どんなに良いものを作っても意味はありません。
従業員に周知して理解してもらうことが何より必要とされます。

"会社の人事労務関係の身近な相談役"『うちだ社会保険労務士事務所』 にお任せください!

Back PAGE UP